メイン写真メイン写真

決して広いとは言い難い三角形の土地。一見デメリットに感じる条件を見事にメリットに変えた
Works Case#010 愛知県尾張旭市K様邸

前面道路も狭く、通行人や周りの住宅との距離が近い土地。道路からの目線を感じさせないプライベートゾーンの確保により、この土地の価値を一気に高める。外との繋がり、家の中での繋がり、それぞれの繋がりと交差させ心地よい間取りを実現。

「マイナスをプラスに」

建築家/小川 真一郎
(小川建築設計事務所)

写真

お世辞にも広い土地とは言い難く、三角の形をした”建築しにくい”土地。前面道路も狭く、通行人の目線や周りの住宅からの目線が気になる。小川氏はプライバシーの確保が課題だと感じた。

限られた土地の中での洗濯物の外干しや庭を要望した住まい手に対して、小川氏は建物の配置で実現させた。三角を組み合わせたような建物。それぞれこの三角部分でプライベートゾーンを確保している。視線を気にせず家での暮らしを楽しむことができ、ゆとりの空間となった。また、LDKも斬新な配置にし家族の輪をプランでつくりあげた。デメリットをむしろメリットに変えたプランは小川氏にしか出来ない住まいづくりである。

建築家プロフィール/小川 真一郎
Facade_1

Facade_1

建物の奥には庭が広がっており、家族のプライベートを確保。

Facade_2

Facade_2

道路から生活が全く読めないファサード。窓配置も綺麗にまとめ全体的に洗礼されたデザイン。

Living_1

Living_1

ウッドデッキとLDKとの絶妙な配置で光を受ける面を広く確保。

Living_2

Living_2

ダイニングとキッチンにあえて角度をつけることで、家族の輪を作った。リビングにいる家族との距離感も考えての配置である。ダイニングの奥には緑を楽しむ小窓があり、外との繋がりを感じさせる。

Washroom

Washroom

階段下を洗面スペースにするという斬新なアイデア。限られた広さの有効活用。

Facade_3

Facade_3

前面道路からはグリーンと木のコントラストが楽しめる。この部分は庭を隠す目隠しにもなっており、土地を読む建築家だからこそできる技である。