メイン写真メイン写真

あえて窓を設けない。土地を読む建築家だからこそのプラン
Works Case#009 愛知県知多郡阿久比町T様邸

南側が大通りに面した土地。日当たりの良さが気持ちよく土地を購入。だが、住まい手からは「ファサードに窓を設けたくない」という要望。土地を読むことのできる建築家だからこそ描くことができた明るいLDKが最大の魅力。

「要望に寄り添うプランニング」

建築家/三島 史子
(Times & Design Office)

写真

土地の南側は大通りに面している。太陽が土地に降り注ぎ、その場に立っているだけで気持ちよさを感じた三島氏。日当たりの問題は無い。ただ、住まい手から「ファサードには窓を設けたくない」という要望があった。南側に窓を設けないとすると、どのように光を取り込むかが今回の三島氏のミッションとなった。

三島氏は住まい手の要望通り、南側には窓を一つも設けないというセオリーに反する間取りを提案。その代わり、西側に太陽の位置を計算した窓を配置することで西日を遮断しつつLDKに気持ちの良い光を取り入れた。土地読むだけでなく、住まい手の要望に寄り添える三島氏だからこそ描けたプランである。

建築家プロフィール/三島 史子
Living_1

Living_1

吹抜けと窓から見える庭のつながりで開放感あるリビングに。

Living_2

Living_2

キッチンに立った時に全体を見渡すことができる。家族の繋がりを大切にしたLDK。

Facade

Facade

植栽が映えるスッキリとした外観。

Book Corner

Book Corner

階段を上がった先に本棚。階段に腰掛けてLDKで過ごす家族との繋がりを感じながら本を楽しむスペース。

Atrium Space_1

Atrium Space_1

天井には板張りを設け、温かみある空間に。

Atrium Space_2

Atrium Space_2

外からの視線を感じない窓が、明るい光を落としてくれる。

Exterior

Exterior

LDKと庭をつなぐウッドデッキは日当たりも良く気持ちの良い空間。道路からの距離を取ることでプライベートも確保。駐車からのアプローチをしっかり作りこむことで、おもてなしの気持ちを。