メイン写真メイン写真

あえて窓を設けない。土地を読む建築家だからこそのプラン
Works Case#009 愛知県知多郡阿久比町T様邸

南側が大通りに面した土地。日当たりの良さが気持ちよく土地を購入。だが、住まい手からは「ファサードに窓を設けたくない」という要望。土地を読むことのできる建築家だからこそ描くことができた明るいLDKが最大の魅力。

「要望に寄り添うプランニング」

建築家/三島 史子
(Times & Design Office)

写真

土地の南側は大通りに面している。太陽が土地に降り注ぎ、その場に立っているだけで気持ちよさを感じた三島氏。日当たりの問題は無い。ただ、住まい手から「ファサードには窓を設けたくない」という要望があった。南側に窓を設けないとすると、どのように光を取り込むかが今回の三島氏のミッションとなった。

三島氏は住まい手の要望通り、南側には窓を一つも設けないというセオリーに反する間取りを提案。その代わり、西側に太陽の位置を計算した窓を配置することで西日を遮断しつつLDKに気持ちの良い光を取り入れた。土地読むだけでなく、住まい手の要望に寄り添える三島氏だからこそ描けたプランである。

建築家プロフィール/三島 史子
「南に窓」という概念を破る

「南に窓」という概念を破る

お施主様からの要望には「お家の正面に窓を設けたくない」とありました。建築予定の土地は南側道路。よって正面は南側になります。

南側に窓を設けないとすると、暗くなる気がしますが写真のとおり日中は電気をつけなくても過ごせるほど明るいLDKになりました。

道路面ではなくお庭に面して大きな窓があるので、外からの目線もきになりません。このソファーに寝転んでお昼寝をするのがお施主様の至福の時間とのこと。

家族の距離感

家族の距離感

家族との距離感を大切にしたいというお施主様。キッチンを中心にリビングとダイニングが広がっているので、家族がどこでくつろいでいても自然と会話が弾みます。

家族の距離感

そして、ダイニングの後ろには自然と家族が笑顔になるお気に入りの飾り棚を。「好き」に囲まれた居心地の良いLDKです。

光を操る設計

光を操る設計

夏は日差しがあまり入ってこず、冬は陽がたくさん降り注ぐ。デザインだけではなく「快適」も追求したお家。

光を操る設計

お施主様のお子様は、年中このオークの床の上でごろごろしながら遊んでいるとのこと。

外からどう見られるか

外からどう見られるか

大きな吹き抜けには窓が二つ付いています。この窓が実はとても大切な窓。1階にも2階にも光を届けてくれる位置にありながら、外の通行人とは目線が合わない位置になっています。

「外から家の中がどのように見られるのか」まで考えた設計。カーテンの必要がなくとても気持ちの良い窓です。

「我が家が1番」

「我が家が1番」

「散歩の帰り道、家に向かって歩いていると「やっぱり我が家が1番素敵だな~」と毎回思うんです(笑)」とお施主様。

「我が家が1番」

「家族みんなが帰ってきたくなる外観」とても大切なこと。

「家族の思い出を刻む」

「家族の思い出を刻む」

家は住むだけではありません。家族の思い出がたくさん刻まれていきます。

家族の想いがたくさん詰まった、そんなお家です。