メイン写真 メイン写真

_01.高性能省エネ住宅に不可欠な気密・断熱性能

夏涼しく、冬暖かい家

快適な住まいの条件の一つに、「部屋の中が常に適温に保たれていること」が挙げられます。いかにデザイン性に優れた家でも、夏暑く冬寒いようでは永く住むことなどできません。「夏は涼しく、冬は暖かい住宅」を実現するためには、外の暑さや寒さの影響を部屋の中に与えない「高い断熱性」を確保することが大切なポイントです。ウィズホームでは「デコスドライ工法」(JIS認定品のセルロースファイバー断熱材「デコスファイバー」を壁体内に隙間なく吹込む工法。これによりセルロースファイバーの持つ断熱性能を最大限に引き出します。)を採用することで、施工密度が高く、燃費性能が格段に優れたエコ住宅を実現しています。

Ua値0.46以下 断熱性能等級6  部屋の中が常に適温に保たれる「高断熱」

高断熱とは、床・壁・天井から出入りする熱が少ないのが高断熱の家。住宅の断熱性は「UA値」という指標で表され、数値はゼロに近づくほど「熱を通さない高断熱な住まい」といえます。一般的な4地域~7地域=東北の一部~九州の一部では表の通りです。高断熱にこだわるWithHOMEの数値は、東北地方の基準値より高い断熱性能値(Ua値0.46以下)を示し、断熱グレードは断熱性能等級6を実現。まさに高性能住宅と呼ぶにふさわしい「夏涼しく冬暖かい家」を実現しています。

UA値 図UA値 図

高断熱を実現する上で重要な「高気密」

隙間を少なくして熱損失を極めて小さく抑えた(家内外の空気の出入りを少なくした)のが高気密の家。その性能を数値で示したのがC値(=床面積1m2当たりの隙間面積)で、ゼロに近づくほど「高気密な住まい」となります。ウィズホームのC値の標準は、これまでの日本の目標5.0をはるかに超える、C値0.5(cm2 / m2)以下を標準値として設計しています。

省エネ基準 図省エネ基準 図

Afterコロナでも必要な「換気性能」

2020年、新型コロナウイルスが世界で流行しました。それに伴い、政府より感染予防の指針が発表されました。その中で重要だと言われているのが「室内換気」です。その換気を確実に実現するのに欠かせないのが住宅の「高い気密性」です。ウィズホームでは「高い気密性」に裏付けられた計画換気(*)を行っていますので、嫌な生活臭はもちろん湿気やハウスダスト等をしっかり換気します。

(*)計画換気とは、全体の気密を高めた上で空気の通り道をしっかりと確保し、常に新鮮な空気を取り入れ続ける仕組みのこと。耐久性の高い家づくりを行うためには、気密性・断熱性に加え、計画換気が重要です。

計画換気 図計画換気 図

セルロースファイバーの断熱効果を最大限に引き出す「デコスドライ工法」を標準採用

自然の素材の持つ力を最大限に活かした断熱材「 JIS認証品 デコスファイバー」

セルロースファイバー断熱材「デコスファイバー(日本産業規格 JIS A9523認証品)」は原材料の約80%が新聞紙です。新聞紙は木材チップから木質繊維を分離したパルプからつくられています。そのため木と同じ性質を持っており、グラスウールなどの断熱材にはない多くの特長を持っています。その一つに木質繊維の中にある自然がつくった小さな空気の粒があります。セルロースファイバー断熱材は、複雑に絡み合う繊維が空気の層をつくり、さらにその繊維1本1本の中にも空気胞が存在していることで、熱を伝えにくく、高い吸音効果を生み出し、さらに木質繊維が持つ吸放湿特性により年間を通じて適度な湿度を保つことができます。まさに自然の素材の持つ力を最大限に活かした断熱材と言えます。

認定資格を持った断熱施工技術者が責任施工「デコスドライ工法」

「デコスドライ工法」は綿状のセルロースファイバー断熱材をブロワの空気と一緒に壁体内へ吹き込む乾式法。吹き込むことによって手の届かない隅部への充填が可能で断熱欠損(熱損失や結露被害)を生じない施工法です。その断熱施工は、デコスドライ工法の認定資格を持った「断熱施工技術者」が責任施工で担います。これら一連の仕組みよりはじめて確実にデコスファイバーは施工され、設計性能通りに熱損失を防ぎ、抜群の断熱性、吸湿性、吸音性を最大限に引き出すことができます。

デコスファイバーデコスファイバー